赤ちゃんの為のウォーターサーバー選び

赤ちゃんの為のウォーターサーバー

ここでは赤ちゃんの為のウォーターサーバーを紹介します。

 

今後、水道と同じようにどの家庭にも導入されることになるとも言われているウォーターサーバーです。
一度その便利さを体感してみると良いでしょう。

 

 

天然水NO,1!

天然水の宅配サービス【コスモウォーター】 ウォーターサーバーお申込みプログラム

 

⇒コスモウォーターはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんのミルクに適したウォーターサーバー

ウォーターサーバーの需要が増えている現在、赤ちゃんのミルクもウォーターサーバーの水で作ろうというママも多くいると思います。
ですがウォーターサーバーを取り扱う会社は多く、全国各地に支店がある会社をはじめ、地域密着型の会社と数え切れません。
では赤ちゃんのミルクに適したウォーターサーバーはどのようなものがいいのかというと、天然水を使用したウォーターサーバーです。
ウォーターサーバーに使われる水には様々なタイプがあり、水道水のように加熱殺菌処理を施しているものや湧き水などをろ過して安全に飲めるようにしたものなどがあります。
実際に子育てをしているママから高い評価を得ているのは天然水を使用した物で、ミルクに使用することもできると会社が認めているものです。
衛生管理が徹底しているのはもちろん、外から細菌や雑菌が侵入しづらいタイプのボトルが望ましいでしょう。

 

またウォーターサーバーの水には軟水と硬水があるのですが、赤ちゃんの胃腸に負担がかからないのは軟水です。
硬水はミネラル分特にカルシウムとマグネシウムを豊富に含んでいます。
これらの成分は消化不良など胃腸に負担をかけたり、尿路結石の原因になったりしますので、赤ちゃんのミルクには向いていません。
ですから軟水と書かれたウォーターサーバーを選ぶことがポイントになりますが、分からなければ硬度100以下の水が軟水になりますのでチェックするあるいは担当者に聞いて見ましょう。

 

さらにポイントを挙げるなら、口コミサイトやランキングサイトで評価の高いウォーターサーバーを選びましょう。
ウォーターサーバーには天然水やろ過水ということ以外にも健康効果や美容効果、軽量タイプなど様々な特徴があります。
軽量タイプなら小さな赤ちゃんを抱っこしたまま片手でボトルをサーバーに設置することができて便利です。
また赤ちゃんのミルクをすぐに作ることができる温度のお湯が出てくること、立って歩くようになった赤ちゃんを危険から守るためにチャイルドロックが大人しか解除できない作りになっていることもポイントです。
水は硬水と軟水がありますが、人気が高いのは軟水で、赤ちゃんだけではなく家族みんなで飲めることも特徴です。
さらに不純物が含まれていない純水であるということも、ミルクの栄養素を損なわずに赤ちゃんに安心して健康的で美味しいミルクを飲ますことができるポイントですから、ろ過方法や殺菌方法、衛星管理方法などもしっかりチェックしておきましょう。

ミネラルの少ない軟水のウォーターサーバー

水には軟水と硬水がありますが、ウォーターサーバーの中で多いのは軟水です。
軟水とは何かというと、硬水に比べてミネラル分が非常に少ない水のことで、日本の湧き水などがこれに該当します。
ヨーロッパの場合はミネラル分の多い硬水が多いのですが、日本人は軟水が飲みなれており、口当たりがまろやかなのが特徴です。
また軟水はミネラル分が少ない分赤ちゃんでも安心して飲むことができますから、ミルク用にも適していますし、離乳食や食事にも使いやすいのが特徴です。
ウォーターサーバーのほとんどが軟水ですから、体に気を使いたい妊婦さん、授乳中の方、赤ちゃんでも安心なのです。

 

一方でウォーターサーバーの中には天然水と表記されており、軟水とも硬水とも書かれていないものも多く存在します。
天然水の場合、地方の湧き水などを利用した物が多いので、ほとんどは軟水ですが、ミネラル分を含む物も多く、特にカルシウムは消化不良、マグネシウムイオンは尿路結石を起こす可能性があるのでできるだけミネラル分の少ない軟水と書かれたウォーターサーバーを選ぶ方が安心です。
もちろん硬水が悪いわけではありませんが、日本人の体が必要とするミネラル量を硬水はオーバーしていますので注意したいところです。
軟水は体調不良になる可能性が非常に低いので、ウォーターサーバーの資料を取り寄せたときに、軟水を使用していることを確認しましょう。

 

軟水の見分け方は水に含まれるカルシウム及びマグネシウムの送料を見ると分かります。
硬度はカルシウム量に2.5をかけたものとマグネシウム量に4.1をかけたものの合計で割り出すことができます。
軟水は硬度100以下の水を示しますので、ウォーターサーバーに軟水硬水の区別がかかれていないときは硬度をチェックするようにしましょう。
多くのウォーターサーバーは30前後となっていますので、日本人の体に合う軟水の中でも硬度が非常に低い軟水となっています。
ミルクを作っている会社でもミルクを作るときはミネラル分の少ない軟水を使用するよう推奨しています。
癖がないので煮込み料理やスープ料理、カレーやシチューといった水をたくさん使う料理はもちろん、コーヒーや紅茶などのように大人が飲む物にも適しています。
日本の水は地下水が地下にある期間が短いためにミネラル分が溶け込まず軟水となっていることが多いです。
ですから体に負担のかからない水を選ぶなら軟水とかかれたタイプを選ぶといいでしょう。

妊婦でも大丈夫なウォーターサーバー

妊娠中は食べた物飲んだ物がそのまま胎児に行きますから、水一つとっても注意したい所です。
では妊婦はどのようなことにポイントを置いてウォーターサーバーを選べば良いのでしょうか。
妊婦にとってウォーターサーバーを選ぶポイントとなるのは軟水かつ弱アルカリ性です。
軟水は硬度が100以下で、ミネラル分がほとんど含まれていませんので体に負担をかけません。
妊娠中に適した硬度は20〜30mg/lとされており、これは赤ちゃんのミルクや離乳食にウォーターサーバーを使う場合も同じです。
水道水の硬度は地域差はあるものの平均的に60mg/lですから、どれだけ低い硬度が求められるかが分かるでしょう。
硬度が高いと消化不良や尿管結石といったトラブルが起こる可能性が高いので、できるだけ軟水を選ぶようにしてください。

 

ペーハー値の理想は7.1〜8.5程度の弱アルカリ性がいいと言われており、殺菌作用のある弱賛成派赤ちゃんに吸収されたときにお勧めできないと専門家は言います。
元々人の体液が弱アルカリ性に近いので、ウォーターサーバーも弱アルカリ性が求められるのです。
大手ウォーターサーバーメーカーの硬度およびペーハー値を見てみると、硬度は大体20〜30ml/l、ペーハー値は7.3〜8.3が多いので、該当するものを選んでみてください。

 

なおペットボトルの水と比べる方もいますが、ペットボトルの場合、開封すると空気が入ってどんどん品質が悪くなります。
ですから1日で飲み切る必要があるのですが、そう考えるとコストパフォーマンスはウォーターサーバーの方が高いですし、ウォーターサーバーは宅配で妊婦でも持てるような軽さのものも増えていますから負担がありません。
衛生管理をしっかりしている工場で生産されていればさらに安心感を得られますし、定期メンテナンスを受けられるサーバー、レンタル料や送料が無料のウォーターサーバーはさらに負担が軽くなります。
水道水は塩素濃度が高い可能性がありますので、体のことを考えるならウォーターサーバーのほうがお勧めなのです。
ほかに選ぶポイントを挙げるなら、デザインや手軽さ、無料お試しキャンペーンなどを活用できるウォーターサーバーなどがありますので、口コミサイトなどを活用し、人気のウォーターサーバーをチェックしてみるといいでしょう。
また赤ちゃんのミルクなどにも使えるウォーターサーバーなら長く愛飲することができますので、長い目で見て選んでみるのもいいでしょう。
資料が用意されていますので、興味のある方は一度資料請求してみてはいかがでしょうか。

たまごくらぶ・ひよこくらぶ推奨のウォーターサーバー

始めて赤ちゃんを迎えるママに支持されているのがたまごくらぶ・ひよこくらぶですが、ウォーターサーバーの特集も良く組まれています。
ランキング形式やアンケートなどで選ばれたウォーターサーバーを特集しているのですが、その中で2014年に赤ちゃんグッズ大賞ウォーターサーバー天然水タイプ部門で1位に輝いたのがコスモウォーターです。
コスモウォーターの特徴はミネラル成分を故意に添加するのではなく、大自然から取れたお水そのものを衛生的にした状態で家庭に届けてくれることです。
ですから湧き水そのものの美味しさを味わうことができますし、軟水ですからミルクにも妊娠中の水分補給にもぴったりです。

 

軟水は体に負担とならない硬度となっていますので、消化不良や尿管結成の可能性がある硬水よりも赤ちゃん、妊婦さんにはお勧めです。
ミルクを作るときにも安心して作ることができるようボトルの中の衛生を保つために常にクリーンな空気で満たされていますし、ボトル容器は給水と同時に縮んでいくタイプですから空気が入り込む隙がありません。

 

さらに子供がいたずらをしないように安全面に優れたチャイルドロックを標準装備していますから、上に子供がいる、立って歩くようになった子供がいたずらしないか心配という方にもぴったりです。
ウォーターサーバーはできるだけ長く付き合いたいものですから、安全面がしっかりしているのは評判も高いのです。
またボトルを交換するときも楽にできるよう、足元にボトルを設置することができます。
ですから片手だけで水のボトルを交換することができますし、赤ちゃんを抱っこした状態でも問題ありません。
自宅に届けてくれるので重たい荷物を持って買い物をする必要がありませんし、必要なときに水もお湯も出てきますから非常に楽です。
子供が水を飲む場合も常に衛生的なお水を飲むことができ、エコで魅力が高いとたまごくらぶ・ひよこくらぶでも評判なのです。
他の評価を見てみると、サービスの質が高く、常に顧客目線で見てくれる、初期費用や送料、サーバーレンタル料もかからないので経済的という声がたくさん寄せられています。
そのおかげでコスモウォーターのウォーターサーバーは2014年のモンドセレクションで金賞を受賞しました。
このように、たくさんのママから支持を受け、赤ちゃんとママ、家族の健康を守ってくれるコスモウォーターは、人気急上昇中です。
たまごくらぶ・ひよこくらぶ愛読者3000人が選んだコスモウォーターをあなたも検討してみませんか。

ウォーターサーバーの衛生面

ウォーターサーバーを利用しようかと思っているときに不安に思う一つは衛生面でしょう。
確かに工場でボトルにつめているときに細菌が入り込んだらどうしよう、何日も設置しているけれど劣化しないのかなど、不安に思うことは多いでしょう。
ですが大手ウォーターサーバーメーカーがレンタルしているタイプであれば、工場の衛生面は保たれていますし、清潔な環境、雑菌や大腸菌などが入り込む隙間がない状況で生産されていますので安心です。
もちろん業者によって衛生面の質の高さは異なりますが、大手として業界トップクラスのウォーターサーバーはNASAでも使われる浄化装置ROシステムを採用し、水道局でも除去不可能なゴミ、疑発がん性物質トリハロメタンをしっかり除去します。
そのため厚生労働省からHACCPシステムという認可された安全性を誇っている希少なメーカーなのです。
さらに専門部署で1年に1度サーバー分解による点検を行っていますので、衛生面は安全です。

 

同じくROシステムを採用しているウォーターサーバー独自の技術開発で特殊なフィルターを通してボトルに空気が入り水が出てきます。
そのため水を出したときにボトルに入る空気によって体調が悪くなるということが考えられないのです。
ママから絶大な支持を受けているウォーターサーバーは水を出すときに通常であれば入ってくる空気が入らず、ボトルがどんどん縮んでくるため使っている間も衛生的です。
使い捨てで再利用しませんから、他のメーカーのように徹底洗浄されているのかどうか不安になることもありません。

 

ウォーターサーバーを衛生面から選ぶのであれば、生産工場の安全性はもちろんですが、定期メンテナンスが実施されるかどうかもチェックしておきましょう。
大体の大手ウォーターサーバーメーカーは1年に1〜2回メンテナンスを行うのですが、内容は部品をパーツごとに分けてすべてメンテナンスするか、フィルターを交換するだけ、部品交換だけとメーカーによって違います。
中にはメンテナンスをするのは依頼を受けたときだけ、2年に1回だけなどという業者もありますので、衛生面を気にするならぜひチェックしておきましょう。
フィルムタイプの給水タンクを採用しているウォーターサーバーであれば空気が外から入ることはありませんし、浄化機能を持つサーバーなら空気に雑菌が入り込むこともありませんので、常に衛生的に使うことができます。
ウォーターサーバーを検討しているという方は衛生面も気にしてみるといいでしょう。

 

>>ウォーターサーバー最安値ランキングはこちらへ

赤ちゃんの為のウォーターサーバー選び記事一覧

コスモウォーターは赤ちゃんに優しいウォーターサーバー

妊娠中や育児に忙しいママが安心しておいしい水を飲みたいと思っても、ペットボトルで買った重たい水をお店から運ぶのはとても負担です。そこで水の宅配をしてくれるウォーターサーバーを検討しているという人もいるのではないでしょうか?コスモウォーターの天然水は、水質検査・放射能検査も厳しく、水のボトリングにも衛...

≫続きを読む